読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容ライター R の独り言

美容ライターとして非公開の情報を本音で綴ります

楽しそうな気がするだけ?画像選定の記事を書く際の7つの注意点

 

f:id:writer-r:20160430152101p:plain

出典先 Shabby chic:floral and pretty by ℓυηα мι αηgєℓ ♡ | We Heart It

 

美容ライターRです



美容ライターのお仕事は、基本的に記事を書くことがメインではありますが、時には画像の選定もすることがあります。

 

クライアントによって違いますが、実はこれは案外やっかいな仕事なんですよ。

 

そのため新規の仕事の場合、できるだけ画像選定つきの記事はお引き受けしないようにしています。

 

思った以上に時間がかかる

 

画像選定のお仕事って、はじめて受けた時に、なんだか楽しそうで簡単そうだな〜と、思っていました。

 

でも、実は気に入った画像やイメージ通りの画像を探すのが大変なのです。選ぶ際には、ほとんど無料素材のサイトから探すように言われるのですが、美容系の画像って無料素材では、わりと少なかったりします。

 

それに似たようなものが多かったりして、ピンとこないものが多いのですよ。

 

でもそこから選ばなくてはいけないので、結構イメージどおりの画像を探すのに時間がかかります。

 

以前受けた仕事で、50記事分の画像を選ぶ必要があり、締め切り前にほぼ徹夜になっちゃったという苦い経験もあるのです。

 

リサイズしなくちゃいけないこともある

 

やっと選んだ画像なのですが、実はサイズを決められていて、このサイズに変更してくださいとリサイズを頼まれることもあります。

 

「縦はダメ!横にして!」とか「もっと大きく」とか、お願いだから最初に言ってくれよ〜と、泣きたくなりますよね・・・

 

リサイズって私はもっとも苦手できらいです〜!選ぶだけでも時間がかかるのにいちいちサイズを変えたりしてると、さらに時間がかかります。

 

いったんダウンロードして、それからリサイズして、またダウンロードするので、保存する画像の整理も大変なんです。

 

得意な人はサササッとやっちゃうのでしょうが、苦手な人にとってはめんどうくさすぎる行程なので、できればさけたくなっちゃいます。

 

それに、リサイズするのも無料サイトを利用するので、使い方がよくわからなかったり、意味不明だったりして、いくつか利用してみましたが、未だにベストなところが見つかっていません。どなたか良いサイトを知りませんか?



時には自腹で購入することもあります



無料のサイトでは、どうしても限られてしまうので、有料の画像を購入することも度々あります。

 

ただし、原稿料が安い場合は絶対に無理なので、なんとかしてでも必死で見つけるようにはしますけど・・・

 

でも、有料の画像はかなり質もいいしデザインもたくさんあるだけではなく、専門的な写真も大丈夫です。

 

ただし、なかには信じられないほど高すぎる画像もあるので、とても手が出ないものもあります。予算がたっぷりあればニキビとか肌トラブル用の画像なども手に入れられるのですが、通常のwebサイトでもコンテンツでは、予算に合わなさすぎなので、いつも見るだけになってます。

 

それでも差し替えがくる時もある(泣)

 

こうやって苦労して選んだのに、イメージどおりじゃないとか、モデルが合わないとか言われてしまい、再度選びなおしになる時もあります。

 

これって本当にめんどうくさいの極みです!!

 

じゃあ自分で選んでくれ〜と、叫びたくなります!!

 

でも、引き受けてしまった以上、クライアントの言われる通りにしなくてはいけませんし、またいちから選びなおす必要があるのですよ。

 

だから、最近ではテーマがはっきりしている場合やテーマを自分で決める場合には、画像を最初に選ぶ時もあります。そして、もしも画像がなければテーマを変えることもあるんですよ。

 

最後に選ぶと、記事を修正する必要がでてきたりして、余計に時間がかかることもあるので、先に選んだ方が良い場合もあります。でも基本的にはできあがってからの方が、探しやすいので、こんな画像あるかな?と不安に思う時だけですけどね・・・。

 

え?最終的に変更されてるじゃん!?

 

こんなに苦労して、選んだ画像でも最終的に記事が掲載された時に変更されていることがあります。

 

その場合「やっぱり合わないのでこっちで探しました」とか、言われてしまうので、なんとなく納得いかないのですが、ひどい時には何も言わずにこっそり変更されているときがあるのです。

 

その場合は、ぁぁぁぁぁ・・・と小さく落胆しています。

 

でも、いろいろあってもクライアントとのコミュニケーションがしっかりとれていれば、あまり気にならないものなので、打ち合わせも大事ですしやクライアントのくせのようなものを見極める技も必要なんですね。

 

画像選定記事を受ける時に確認すること

 

まぁこんなふうに、画像選びを簡単で楽しそう〜っていうだけで選ぶと、大変なことになります。

 

なので原則的には、画像選定つきの仕事はできるだけ選ばないようにする方がスムーズです。でもギャラが高い場合など、やむを得ずお受けする場合はこのようなことに気をつけましょう。

 

1、画像を選ぶ際の注意点をこまかく確認(サイズ、方向、イメージなど)

 

2、どのサイトから選ぶのか?(なるべくクライアント指定の方が良い)

 

3、どうしても見つからなかった場合の対処法を確認(クライアントが選んでくれるのか?有料画像を購入するのか?その場合の経費は?など)

 

4、画像選定も踏まえて原稿料を提示する(画像選定の場合はいくらアップになるなど)

 

5、必ず掲載サイトを教えてもらって、画像のイメージを確認しておく

 

6、むずかしそうなテーマの場合は、記事を書く前に画像があるかどうか確認しておく

 

7、イメージ画像を使用してもいいか確認しておく(たとえばニキビの記事なのに花や海などの風景など)

 

 

まとめ

 

コンテンツ記事の画像選定は、自分のブログの画像を選ぶのとは訳がちがいます。

 

完全に自由に選んでいい場合を除いては、あまり楽しいものではないと、私は経験から思いました。

 

またキュレーションサイトの場合の方が、さらにやっかいなので、この辺りはまた今度お伝えしますね!



美容ライター Rでした

〜おすすめの記事

writer-r.hatenablog.com

〜熊本地震関連の記事  

writer-r.hatenablog.com

writer-r.hatenablog.com

スポンサーリンク