読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容ライター R の独り言

美容ライターとして非公開の情報を本音で綴ります

原稿料はピンからキリまで・・・

f:id:writer-r:20160315002005j:plain

 

美容ライターRです

 

今日は原稿料のことについてつぶやいてみる

原稿料はピンからキリまで・・・

この差はいったいどこから来るのか?

 

私がまだライターと名乗るほどではなかった頃

1記事100円とかせいぜい500円とか聞いて

大変驚いたもんだ!!

 

文字数だって300文字から2000文字とか

いろいろ違う

 

こんな金額で絶対に生活なんてできないよな〜

ライターで食べている人ってすごいわ

私には無理だ絶対に・・・と正直感じた

 

 

ただ、私が最初に仕事をしたのは

クラウドソーシングのタスクの仕事

 

クラウドソーシングとは何ぞや?と思う方のために・・・

 

クラウドソーシングとは、

インターネットを利用して不特定多数の人に

業務を発注したり、受注者の募集を行なうこと。

またそのような受発注ができるwebサービス。”

※引用元 クラウドソーシングとは|crowd sourcing - 意味/定義 : IT用語辞典

 

と、このような便利なサイトがたくさんあるのです。

クラウドソーシングのサイトについては

いろいろ言いたいことが山ほどあるので

まぁのちのちご紹介するとして・・・

 

今でこそ誰でも気軽に登録して

お小遣い稼ぎみたいな感覚があるようだけど

たしか6〜7年位前には

まだそんなに知られていなかったような気がする

 

私自身も偶然見つけて気軽に登録してみてだけで

まさかそこからライターの仕事が増えて行くとは

思わなかった

と、いうか

ライターの仕事とは思えなかったのです

前にも書いたけど、ライターって

なんか特別な人の仕事って気がしてたし

出版社とか編集者に勤めてる人って

思ってたもんで・・・

 

ちなみに今は直接契約している仕事ばかりなので

登録のみ残っている感じです

 

あ・・・話しが飛んでしまってます

 

原稿料の話しに戻しますが

クラウドソーシングのサイト内のお仕事は

普通の原稿料の常識とはかなり違う!

と、後からわかったのでした

 

今は自分で原稿料の交渉もできるように

なりましたが、ゼロからそこまで来るのには

かなりの工夫と強気な姿勢が必要です。ハイ!

 

自分で交渉するコツがわかってくると

少しは仕事らしい原稿料をもらえるようになります

(この辺のネタもおいおい書きます)

 

クラウドソーシングのサイトだって

最初はいろいろ勉強になる部分もある

 

なんでも経験してみれば

全てがネタになるんだよ

 

自分で原稿料をアップできるようにがんばるのみだ!

ウン万円の記事だって書けるようになるからね!

 

 

美容ライターRでした