読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容ライター R の独り言

美容ライターとして非公開の情報を本音で綴ります

記事は全て財産だ!仕事に見合った原稿料をもらおうよ(4/9追記あり)

f:id:writer-r:20160328223706p:plain

 出典先 Brushes by Miss Feminine | We Heart It

 

美容ライター Rです

 

今日は、先日書いた記事に思いを追記して再再アップです!

 

クラウドソーシングについては、本当に言いたい事がたっくさんあります。

何から書いていいのか、ありすぎて迷ってしまいますので、思いついた事からとりあえず書いていきますね。

 

今日は、またもや原稿料の話しです。

 

 

 

1、ライターの仕事は思ったほど自由気ままじゃない

 

もし「美容ライターの仕事って好きですか?」と聞かれたら、う〜ん??と悩んで即答できないかもしれません。

 

なぜなら、自由にはなかなか書けない事があまりにも多すぎて、必ず裏付けを取らなくちゃいけなかったり、構成や形式などレギュレーションが綿密に決まっていますし、そのとおりに書いていく流れって、まるで学校の宿題みたいな感覚になってしまうのです。

 

書き終わった後に、「これって私が別に書かなくても、いいんじゃないの??」

「誰が書いても同じじゃないの??」とか、思う事も多い訳ですよ。

 

でも、それが美容ライターという仕事なのです。

 

その辺りが、ライターとコラムニストやエッセイストとの違いなのかもしれませんね。

ライターのお仕事は、取材したことを忠実に再現しながら、記事をわかりやすく編集して書き起こしたり、書籍や資料などを元に情報をきちんと伝えるための記事を書きます。

 

もちろん自分の意見を書く場合もありますが、それがメインではありません。

 

だから、自由に書けないのは当たり前なので、仕事として毎日毎日たくさん文章を書いていると、時には「もっと自由に書きたいぞ〜!!」と叫びたくなるのです。

 

2、自由に書けるブログはとても楽しい!

 

それに、特にwebコンテンツを書く場合はもっと自由がきかない部分が大きいので、もっと自由に書けたらいいのになぁ〜・・・と、いつも思います。

 

でも、時々すごく自由に書かせてくれるクライアントもいますが、そういうところは、記事やライターのことをあまり大切に扱ってくれないことが多いので、自由すぎるのも、困りものなんですが・・・。

 

 美容ライターの仕事では、ビジネスとして決められた事をやる場合の方が多いので、好き放題に書ける場所があるのは、すごくうれしい・・・と、いうことです。

 

ただし、お仕事をいただけるだけでも、大変ありがたいことなので、もちろん心から感謝はしています。

 

3、気軽な募集には裏があるのです!

 

話しを本題に戻します!

 

 クラウドソーシングのサイトを利用して仕事を受けていた時に、あまりの原稿料の安さにビックリした・・・と、いうことを先日の記事に書きました。

 

サイトではライターの登録も匿名で簡単にできるし、美容ライターもどきの仕事から本格的な仕事までよりどりみどりです。

 

そして、未経験可!初心者でもOK!主婦大歓迎!慣れれば15分で書ける!みたいな募集がたくさんあることにビックリします。

 

しかし、「これには裏がある!」と、声を大にして言いたいのです!

 

そんなふうに書いてあると、たぶん初心者の人は「自分でもいいのかな?」「私なんかでもいいのかな?」って思って、応募してしまいます。

 

でも初心者の場合は、いろんな意味で自信がないし、原稿料がすご〜〜〜〜〜〜〜く、安かったとしても、ひきうけてしまうこともありますよね?

 

むしろ、「原稿料なんてもらってもいいのかしらん」って思っている人もいるのかも??

 

だから余計に足元を見られてしまい、安い原稿料の仕事ばかり増えてしまっていると思うんです。

 

4、安くても高くても手抜きはしないしできないよ!

 

でも、いくら原稿料が50円でも、50000円でも・・・プロなら手を抜いて書いたりしないでしょ。

 

たとえ50円の記事でも、50000円の記事でも、自分の記事は自分の財産になるんだから、同じような思いで取り組んでいます。

 

それに、安い仕事だから早く書き終わって、高い仕事だから時間がかかるという訳ではありません。

 

安くてもすごくややこしい注文を後からどんどん言われたり、修正がとても多かったり、下調べが大変だったり・・・担当の人が融通がきかなくて困ったり・・・など、仕事を受けてから後悔することも、多々あります。

 

もちろん、そんな経験も勉強なのですが・・・。

 

5、初心者でもプロはプロなのです!

 

初心者や未経験のうちは、自信がまだないのはわかるんです。

 

でも、仕事を受ける以上はプロなんだし、自信ないといってるうちは仕事受けないくらいの心意気でやって欲しい・・・と、私は思います。

 

じゃないと、結局あとから困るのは自分だし、本気でプロでやってる人に悪いと思うのです。

 

ただ私が言いたいのは、誰にだって最初は初心者で自信がないけれど、やるって決めた以上は、仕事に誇りをもってほしいということ!!

 

たとえ初心者でも、お金をもらう以上プロはプロなのですから・・・!

そして、その仕事に見合った原稿料をちゃんともらおうよ!って声を大にして言いたいのです。

 

そんなライターがたくさん増えれば、もっと原稿料も普通に上がって、もっと大事にされるようになります。

 

そしてwebライター業界全体が、活性化してほしいんです。

 

だって、ライターの仕事って、本当に大変なんだよ〜〜〜!と、いつも思います。1記事書き終わるのって、ただ時間がかかるだけではなく、下準備とかいろいろあって簡単じゃありません。

 

適当に書いてたら、即刻ボツになっちゃうし、次の仕事はもう来なくなります。

 

あ・・・それに

15分で書ける記事なんて絶対にないですし、もしも書ける人がいたら魔術をつかっているとしか思えません!

 

あなたもそう思いませんか?

 

美容ライター Rでした

 

 〜関連記事〜

writer-r.hatenablog.com

 

スポンサーリンク