読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容ライター R の独り言

美容ライターとして非公開の情報を本音で綴ります

記事を淡々と量産できるロボットどこかにいませんか?

f:id:writer-r:20160330235649p:plain

出典先 Lights on the way by iris | We Heart It

 

 美容ライター Rです

 

美容ライターの仕事は、これからも無くなる事はないと思います。特にwebコンテンツの仕事だったら、いくらでもある事でしょう。

 

しかし、全てが良い仕事って言う訳じゃないんですけどね・・・。

 

webサイトを運営している会社は、いろいろありますし方針もいろいろです。記事に対する考え方も違います。

 

もちろんライターに対する接し方、考え方、待遇もです。

 

   

 

◆ 厳しいチェックが入る仕事はスキルが上がる

 

なかにはコンテンツの質をとにかく大切に思うあまり、テーマや構成の段階から、かなり細かくきびしくチェックされて、なかなか記事を書きだす事ができず、1記事書き終わるのに、1カ月近くかかるところもあります。

 

テーマと構成を決める段階で、何度もやりなおしが入ると、マジで心折れて逃げ出したくなるのです(泣)

 

OKがでれば、思わず「やったー!」と、声に出して叫んじゃいます。

 

しかし、いくら原稿料が数万円もらえても、1カ月に1〜2記事じゃ生活できませんよね。もちろんその場合は、いろんな仕事を平行していくのですが・・・なかなか収入が安定しません。

 

ただし、記事が無事にアップされた時には、うれしいですしやりがいもありますけどね・・・。そして、そういう記事はかなり検索で上位にも上がってくるので、さすがだなぁ〜と思います。

 

そして、ライターとしてのスキルも確かに上がります。でもそういうとこに採用されるのはかなり厳しいですけど・・・。それにすぐ切られる可能性もあるので、怖いんだな。

 

◆ 記事を量産するロボットがほしい

 

その逆に、全て丸投げしてきて、自由に書いていいけど、ギャラがすごくすごく安い場合もあります。そういう場合は、薄利多売方式じゃありませんが、記事をひたすら量産しなくちゃいけません。

 

だから書いている時に、すぐ飽きて休憩ばかり入れちゃったりして落ち込んだりもします。

 

記事を淡々と書いてくれるロボットが 一家に一台、がいれば、本当に楽ですけど・・・と、いつも思う私です。

 

ただし、私はあまり量産する仕事は、きらいなので受けませんけどね・・・。

 

自由に書けるのは楽ですが、誰が書いてもいいような記事は、おもしろくありませんし、やりがいなんてありません。

 

必ずではありませんが、特にクラウドソーシングのサイト経由での仕事は、そういう仕事が多いんですよ。

 

そういう仕事の募集には、未経験可!主婦でも可!慣れれば15分で書ける!とか書いてあります。

 

そんな簡単に書けるなら、自分で書いたら?と思っちゃいますよね。

 

◆ 一日も早く適正価格の仕事を受けるようになろう

 

でも、美容ライターとして専業で生きていくには、そういう仕事だって経験しなくちゃいけないし、確かに初心者の場合は勉強になるのですが・・・。

 

そんな仕事だけしてても、絶対にライターとしては成長できないと私は思います。ちゃんとライターとして食べていこうと思うなら、頭の隅っこに「今だけ」といつも思っていて欲しいのです。

 

そして、ある程度経験を積んできたら、一日でも早くそういう納得いかない仕事は、やめた方がいいと思います。

 

いろいろな条件で仕事をやっていけば、どんな記事をどのくらいの時間で書けるとか、リサーチとか校正の時間も含めてわかってきます。

 

すると、自分だったら、この仕事にはこの金額なら、妥協できるなど、決めれるようになるんですよね。

 

そして、適正価格で仕事できるライターが増えれば増えるほど、あまりに安すぎる原稿料の仕事とか、誰が書いてもいいような仕事は無くなっていくはず・・・。

 

これは、美容ライターとしての私の希望ですけど・・・。

 

安すぎる原稿料の仕事は、みんなで引き受けないようにしよう!!っと、声を大にして言いたいのです。

 

今回も原稿料のこと中心に書いてますが、決して良い仕事は原稿料だけで決めている訳ではありませんので、そのあたりもこれから書いていきますね。

 

どうぞお楽しみに!!



美容ライター Rでした

 

 〜おすすめの記事〜

writer-r.hatenablog.com

 

スポンサーリンク