読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容ライター R の独り言

美容ライターとして非公開の情報を本音で綴ります

基本のき!webライターだからこそ知っておきたい良い記事の定義

f:id:writer-r:20160403130955p:plain

出典先 Girls just wanna have fun 💕 by ℓυηα мι αηgєℓ ♡ | We Heart It

 

美容ライター Rです

 

良い記事を書けば、みんなが読んでくれる!これは当たり前のことですよね

でも、良い記事ってどんな記事のことだと思いますか?

 

たとえば・・・

 

いろんな情報が、くわしく書かれている記事

話題の情報が、おもしろおかしく書かれている記事

アクセス数がたくさんあって、みんなが読んでいる記事

 

もちろん、どれも良い記事に入ると思います。

 

しかし、どんなにすばらしい情報が書かれている記事だとしても、自分自身に今必要じゃなければ、読むことはしないし良い記事とはいえません。

 

 

 

 

◆ webライターが書く良い記事(コンテンツ)とは?

 

特にwebライターとして記事を書いていくのなら、これだけは忘れないでくださいね。

 

良い記事は、その瞬間にあなたが読みたい記事であり、必要としている情報が載っている記事なのです。

 

言い替えれば、たったひとりの人が興味をもって、最後まで読んでくれる記事が良い記事ということになります。

 

だからこそ、記事を書くうえでもっとも大切なのは、自分の言いたいことだけを書いてはいけないということです。

 

自分勝手で自分主体の記事は、読んでくれる人の心に響きません。

あくまでも、webライターとしての良い記事(コンテンツ)の場合です。

 

◆ ブログとコンテンツの大きな違い

 

ところで・・・

コンテンツとブログの違いはおわかりですか?

 

ブログに書く記事の場合は、書く側が中心となっていたとしても問題はありませんし、専門性が必ずしも必要ではありません。

 

自分のブログで自分の主張だけをすることも自由ですし、批判や文体なども自由といえば自由です。

 

それぞれの個性を売りにしていたり、枠にはまらない部分もブログの場合はOKであり、そんな部分にファンがついてくれます。

 

その他には、芸能人や著名人の場合、ただの日記やお風呂上がりの自撮り写真1枚でも、ファンは喜びますし影響力もありますので、これがブログの良さと言えるでしょう。

 

しかし、コンテンツの場合は、あくまでも読んでくれる人が主体であり、専門的な情報が求められます。ただし、わかりやすく読みやすい内容や構成になっていなくてはいけません。

 

そして、もっとも重要なのは、コンテンツを読んで何らかの行動を起こしてもらう必要があるということです。

これは、全てがセールスという意味ではないのですが・・・。

 

たとえば、そのコンテンツを読むことで、ダイエットしてみたくなったり、本屋さん行ってさらに専門誌を購入してみたりということから、思わず誰かに教えてみたくなったり、考え方が変わったり、商品を購入したりなど、コンテンツを読んだ相手が何らかのリアクション起こしてくれるという意味です。

 

読んだ後に、リアクションを起こしてくれることで、記事が本当の意味で生きて動き出します。こうなると理想的ですね!

 

ただし、私個人としては、ブログの良い面を取り入れつつ、コンテンツのポイントを押さえているというのが、最強と思いますが・・・。

 

◆ 良いコンテンツを書くには下準備が必須です!

 

そんなコンテンツが書けるライターさんは、もちろん売れっ子になるでしょうし、そういうコンテンツがたくさん掲載されているサイトは、たくさんの人が読んでくれます。

 

だからこそコンテンツを書く際には、いろんな下準備やリサーチがとても重要なのですよ。まぁ、めんどうくさいのでちょっと苦手な部分ではありますが・・・

でも、この基本的な部分だけは、常に忘れてはいけないことなのです。

 

たとえば・・・

 

あなたが、今読みたい記事はどんな記事でしょうか?

 

今のあなたのタイミングにピッタリ合っていて、今知りたい情報であり、読んでいてなるほど・・・と、納得できる記事。

そして、とても読みやすくて、わかりやすく書かれている記事。

 

そんな記事だからこそ、心に響いて思わず一気に読んでしまうのではないでしょうか?

 

◆ 良いコンテンツの悪いコンテンツの違い

 

良い記事(コンテンツ)の条件は

 

1、読んでいるあなたの心に響く記事

2、あなたが、今知りたい情報が書かれている記事

3、読みやすい言葉や構成で、書かれている記事

 

こんな記事が良い記事といえますね!

 

その反対に悪い記事(コンテンツ)は

 

1、自分勝手で、一方通行な思いばかりが書いてある記事

2、自分には全く興味がない記事

3、むずかしい言葉ばかりで、読みづらい記事

 

こんな記事が、悪い記事といえるでしょう。

 

しかし・・・

 

良い記事をたくさんの人に向けて書こうと思えば

とてもむずかしく、記事の的や方向性もぶれてしまいます。

 

◆ 良い記事を書くために気をつけたいこと

 

でも、たったひとりのために向けて記事を書くと、ずっとイメージもわきますし、とても書きやすくなり良い記事になりやすいのです。

 

そして、良い記事をたくさん書けるようになると、読んでいるひとりの人が、どんどん増えていきみんなに広まっていきます。

 

すると、自然にSEO対策もでき、検索エンジンでも前のページに上がってくるようになるのです。

 

ちなみに、この「美容ライター Rの独り言」ですが、記事によってはGoogle検索「美容ライター」で2Pめや3Pめに表示される日も、ちらほらとでてきました。

 

もちろん、私もまだまだ良いコンテンツを書けるように勉強の途中なので、もっともっとがんばりますよ!

 

良い記事はたったひとりのために書く!

 

このことをぜひ覚えておいてくださいね。

 

美容ライター Rでした

 

 〜今回の記事はこれを追記編集しました〜

writer-r.hatenablog.com

 

スポンサーリンク