読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容ライター R の独り言

美容ライターとして非公開の情報を本音で綴ります

真実は闇に消えた?著作権のトラブルに巻き込まれた過去の話

   

 

f:id:writer-r:20160425173559p:plain

出典先 Ƙαωαιι Ƥαѕтєℓ by ℓυηα мι αηgєℓ ♡ | We Heart It

 

美容ライター Rです



オリンピックのエンブレムがやっと決まりましたね!

 

予想とは違いましたが、シンプルでおしゃれな感じです・・・発表前にニュース速報でバレてしまうハプニングが起こったようですが、無事に決まって何よりです。

 

オリンピックが楽しみになりました。しかしエンブレムを決めるのって、こんなに大変なんですね〜まぁ初回の著作権問題で大騒ぎがあったから、やむを得ないのでしょうが・・・

 

著作権といえば、私もずっと昔、あるトラブルに巻き込まれたことがあります。まだ本格的なライターになる前で個人ブログでのできごとです。

 

 

私が経験した著作権のトラブル

 

私は当時ブログによく詩を書いて掲載しており、読者どうしのやりとりも積極的だったので、コメントやメッセージでの交流も楽しく行っていました。

 

そんなある日、自分の書いた詩にそっくりな詩を見つけてしまったのです。

 

たまたま、自分のブログの読者の更新情報の中からふと見つけてしまい、最初は「アレ?なんか似てるな?」という感じの発見でした。

 

なにげなく読んでみると、全てがコピペではないのですが、文章の構成や書いていることがほとんど同じなので、最初は勘ちがいと思い自分の目を疑いました。

 

しかし、ところどころに、同じ単語や言葉も使用されているし、やっぱりほとんどが同じに感じるのです。

 

「これはいったいどういうことなんだろう??」と、呆然となり考え込んでしまいました。

 

日付を見てみると、私が書いた日の1〜2日くらい後だったので、「こんなことってあるのかな??と、奇跡のような偶然なのか???」と、何度も何度も何度も目を皿のようにして、読みなおしてみましたが、やっぱりそっくりなのです。

 

相手はプロの方だった!

 

しかもなんと・・・相手は、出版もしているプロの方でした!

 

それだけではなく、数日前に私のブログを読者登録してくれてなかよくメッセージのやりとりをしたばかり・・・

 

だから、絶対にそんなことないよな〜??という気持ちの方が強かったのです。

 

でも、どうしても気になるので、私の友人や家族にふたつの詩を読み比べてもらいましたが、「やはりこれは同じ内容だ」と、全員が言ったので、私は勇気をふりしぼり、失礼を承知でメールを送ることにしました。

 

もちろん頭ごなしに文句なんて言うつもりはなく・・・

 

勘違いかもしれませんが・・・ただあまりにも似ているので、この詩を書いた経緯をよかったら教えていただけませんか?私の詩がもしかしたら、なんとなく頭のかたすみに残っていませんでしたか?

 

 

と、聞いてみたのです。

 

すると・・・・・・!!

 

すごい怒りのメールが届きました!!

 

まぁ当たり前ですが・・・(焦)

 

相手の言い分としては、

 

1、絶対に盗作なんかしていない!ありえない!(盗作とまでは言ってないのですが…)

2、私が書いた詩は読んでいません

3、よくある内容なので誰もが考えつくし、偶然の一致です

4、詩を書いたのは私が書いたよりも前で、スタッフに記事のアップだけ頼んでいた

5、こんなことを言われて心外だ!人生で一番ショックを受けた!

 

 

と・・・言われたのです。

 

もちろん、私も真実はわかりませんし、プロの方がそんなことをするなんて思ってもいません。(思いたくはありません)

 

私が本当に言いたかったこと

 

だから私はこのようにお返事をしました。

 

私は盗作と思っている訳ではありません。もちろん疑ってもいません。

ただ、あなたがショックを受けたように私も大きなショックを受けたのです。

 

だから、責めたり文句をいっているのではありません。

 

それにあなたも、ものを書くプロと聞いたので勇気を出してメールしました。

 

なぜなら、私だってもしかしたらこの先、ものを書く仕事に携わる可能性があるからです。

 

だからもう、お互いのために、お互いのブログを見ない方がいいと思いました。

 

なぜなら、人間なんだしなんとなく読んだ文章が頭の片隅に残っていて、無意識に似たようなことを書いてしまうかもしれません。

 

それはお互い同じと思います。だから読者登録も止めて、その他の一切のお付き合いをやめましょう。

 

それがお互いのためと思うので、そのことを伝えたかったのです。

 

 

 

という感じで、お返事をしました。

 

著作権のトラブルには十分気をつけましょう

 

その後、縁は切れましたし、真実もわからないままですが、もしかしたら、奇跡のような偶然もないとはいえませんよね?

 

今考えても、後味が悪い経験です。

 

そういう経験をしてからというもの、同業者の記事はあまり読まないようにしました。そして著作権のことを自分の言葉で、ブログにも記載するようにしたんですよ。

 

あ・・・

 

でもここでいう同業者とは、詩を書く人という意味です。

 

もちろん今は、大切な情報収集のひとつとして、同業者(ライター)のブログや記事も積極的に読むようにしていますけどね・・・!

 

エンブレム ⇒ 著作権 という流れで、古い話しを思い出したので、書いてみました。

 

しかし・・・今思えば・・・

プロの方にそんなこと言うなんて、逆に訴えられなくてよかった〜

私もこわいもの知らずだったなぁ・・・と、思います。

今なら、絶対にできんわ・・・(焦)

 

 

あなたも著作権問題には、くれぐれもお気をつけくださいね。いつどこでどんな問題が起こるかわかりませんよ〜(笑)



美容ライター Rでした

 

〜おすすめの記事

writer-r.hatenablog.com

 〜熊本地震関連 

writer-r.hatenablog.com

writer-r.hatenablog.com

 スポンサーリンク