読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容ライター R の独り言

美容ライターとして非公開の情報を本音で綴ります

人気の美容ライターになるためのプロフィール作り(初心者編)

f:id:writer-r:20160308203356j:plain

美容ライター Rです

 

何の仕事でも一緒ですが、フリーランスの場合、自分のプロフィール作りは大切です。特に美容ライターのお仕事をするうえで、プロフィールをしっかり作っておくといろいろなシーンで、アピールできます。

 

もちろん仕事の内容やクライアントによって、多少の変更は行いますが、基本のフォーマットを作っておくと便利です。

 

もし美容ライターのお仕事が未経験の場合でも、今までのキャリアなどを必ず聞かれますので、必ずまとめておきましょう。

 

 

◆ 何ができるか?を全て書き出す

 

プロフィールを作る際に、まず自分が何ができるか?どんな経験をしてきたか?ということを、とりあえず全て書き出してみます。

 

美容に関係することは、どんな小さなことでもいいですし、関係ないことでもまずは書いてみてください。

 

たとえば、エステティシャンの経験があれば、施術できることや勉強してきたこと、得意なこと、持っている資格、その他に指名率が1位とか化粧品販売が1位など、思いつくことを何でも書き出してみます。

 

美容関係の仕事に就いたことがない場合でも、化粧品に関してのブログを開設している、メイクが好きで得意、ネイルサロン巡りが趣味・・・など、美容に対してどのくらいの熱い思いがあるかどうか?など、とにかく美容に関係すること全てです。

 

書き出してみると、どのジャンルが得意なのか?なんとなく方向性が見えてきます。

 

◆ サンプル記事&ポートフォリオを準備しておく

 

そして、忘れてはいけないのは、現役ライターであれば、今まで手がけた記事をポートフォリオ(作品集)として提出することや、未経験であればサンプル記事が必要ということです。

 

ポートフォリオを提出する場合、クライアントによってチョイスを変えてみたりすることもありますし、記事のジャンルを取り混ぜて提出することもあります。

 

またサンプル記事の場合、クライアントから指示があれば、それに従って書かなくてはいけませんし、ない場合でも求められているものに近いものを提出することがポイントです。

 

もしWEBサイトがある場合は、サイトに掲載されている記事をよく研究して、雰囲気が合うものを用意しましょう。サンプル記事に関しては、また詳しくお伝えしますね。

 

◆ プロフィールの基本

 

プロフフィールの基本として、

 

1、ライター名

2、美容に関する経験や得意なこと

3、持っている資格

4、ポートフォリオまたはサンプル記事

5、応募の動機や書いてみたいことなど

 

ここまでは、いつでも見せることができるようにファイルにして用意しておきましょう!

 

<プロフィールの例>

 

 1、ライター名/ R子

2、大手エステティックサロンにて5年勤務、脱毛をメインにフェイシャルなどの技術を担当。プライベートでは化粧品やメイクに興味があり、メイクスクールに1年間通う。

3、エステ脱毛、フェイシャルの社内資格修得、○○メイクスクール修了。

4、メイクとプチプラコスメのブログを3年前から続けています。流行りのコスメに関しては、かなり自信があります。

ブログURL ⇒ http://.....................

SNS ⇒ facebookTwitterアカウントなど

5、美容関係のニュースやコラムを読むのが大好きですし、ブログの読者も増えてきて文章を書くことに楽しみを感じています。ぜひお気に入りのコスメの情報や得意のメイクなどに関しての記事を書いてみたいです。平日は仕事ですが土日などに集中して記事は書けます。またSkypeや電話などの打ち合わせも大丈夫です。

 

これは一例ですが、自分の思いをていねいに書くようにすることがポイントです。

WEBライターの場合は、メールでプロフィールを送付することが多いので、下準備をしておくと安心ですよ。

 

いかかでしたか?

 

今回はプロフィールの作り方のコツを、WEBサイトへ応募する時のイメージで、初心者向けの内容をお伝えしました。

未経験OKの募集も多いので、まずはプロフィールを作ってみてくださいね。

 

次回はクラウドソーシングの登録プロフィールについてもポイントをお伝えします。

 

美容ライター Rでした

 

writer-r.hatenablog.com