読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容ライター R の独り言

美容ライターとして非公開の情報を本音で綴ります

イケメンじゃなくてもいい!女心を掴むための4つの基本を覚えるべし

f:id:writer-r:20160322223732p:plain

出典先 more? follow >> katingliang << by Sofia | We Heart It

 

美容ライター Rです

 

ちまたで噂の芸人さんから聞いた訳ではありませんが・・・なぜかあの顔でもモテるそうですよ・・・!あの顔と一緒に写せるプリクラがなんと9時間待ちになったとか・・・!!

 

あの顔・・・なんて言っちゃってごめんなさい。ノンスタイル井上さんでしたっけ??

 

私は芸人さんには詳しくないのですが、ワイドショーでよく言ってるので覚えてしまいました!女子高生の絶大な人気と聞いてさらに驚き!

 

今回は必ずしもイケメンだけがモテる訳ではないぞ〜!ということを、記事にしてみました。気になる方は参考にしてくださいね。

   

 

◆ イケメンに顔で対抗するのは潔くあきらめること


世間を見渡してみても、女性に好かれるには、必ずしもイケメンだけ!と、いう事はないですよね?

もちろん顔がかっこいい方が、良いこともありますが・・・やっぱり女心がわかってないと、お付き合いはできません。

 

しかし・・・もしも顔に自信がないと思うのであれば、無理する必要はないのですよ!顔でで勝負するのは潔くあきらめましょう。

 

そして、もちろん違う方向で攻めて行くことをおすすめします!それには、何よりも女心をギュッと掴む作戦がベストです。

たとえイケメンじゃなくても、ブサイク(失礼)だとしても、決して諦めずに、自信を持って女性に接する事で、好かれるようになりますよ。

 

1、女性の気持ちを知ろうとする努力をする


女性と男性は脳の構造から、まるで違います!まずは自分と全く違うということを理解しましょう。

 

ひとことでいえば、男性の場合は理論的で、感情を読み取る事が苦手で、女性の場合は直感的で感情に左右され、相手の感情を読み取る事が得意です。怒るポイントもイライラするポイントも、男女はまるで違うのです。言い方を変えれば、女性は感情を素直に表現ができるので、怒っている時は声のトーン、表情も変わります。

 

今女性がどんな感情でいるのかを、まずは知ろうとする事が大切です。知ろうとするだけでも会話はずいぶん変わってきます。


2、女性の話しをただ聞いてあげること


決して否定をしたり、意見を言ってはいけません。お説教なんてもってのほかです。

 

女性はただ自分の話しを聞いて欲しくて、今の気持ちを受け止めて欲しいだけで、共感を求めています。基本的に女性はよく喋り、ねぇどう思う?って聞いてきます。その時に、めんどくさいと思ったり、適当にうなずくのではなく「そうだね」「うんうん」「わかるよ」など、とにかく女性の話しに真剣に耳を傾け、聞いてあげるだけでいいのです。

 

これだけのことでも、女性はアナタの事を信頼して頼りにしてくれます。


3、メールの返信は回数よりも内容重視!


すぐに返信はできなくても、ストレートな想いがこもったメールひとつに、女性はグッと来るものなのです。

 

最低限の返信は当たり前ですが、ただ返信だけをマメに送ればいいというものではありません。仕事で返信が遅れたとしても、おやすみメールに一言でもいいので、相手の事を考えた言葉を添えて送りましょう。

 

たとえば「離れていてもいつも考えているよ」「早く会いたいね」「大好きだよ」とありきたりの言葉をストレートに伝える方が効果的です。下手な言い訳や駆け引きはいりません。ちょっとくらい恥ずかしくなるような言葉に、女性はとっても弱いものです。

 

4、シンプルで清潔感のあるファッション&腹筋には要注意!


流行を追いかけすぎたり、無理してオシャレする必要はありません。派手すぎずシンプルで清潔なファッションを心がけましょう。

 

雑誌のモデルをそのまま真似たようたファッションは、不自然で逆効果です。かといってダサすぎるのは、もっと嫌われてしまいます。雑誌を参考にする場合は、モデルではなく読者のスナップから真似るのが無難です。

しかし・・・お腹ぽっこりだけは気をつけましょう。たとえイケメンじゃなくても腹筋が割れていれば、それだけで好感度はかなりアップします。

 

女性は服の上からでも、腹筋をしっかりチェックしているのです。


いかかでしたか?

 

今回は基本中の基本ですが、なかなか完璧にできる男性は少ないのです。

顔だけでもダメ、心だけでもダメ・・・女心はややこしいのですが、本命の彼女を落としたい時には、この4つのルールを思い出して実践してみてくださいね!

 

美容ライター Rでした

 

 〜おすすめの記事〜

writer-r.hatenablog.com

 スポンサーリンク