読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容ライター R の独り言

美容ライターとして非公開の情報を本音で綴ります

ライター業界では当たり前?原稿料はなるべく教えたくないようです

 

f:id:writer-r:20160405131921p:plain

出典先 ask.fm LATINApeROMANA, love, fashion, style, accessories, black, food, summer, by ℓυηα мι αηgєℓ ♡ | We Heart It

 

美容ライター Rです

 


今日もまた原稿料のネタです!

 

美容ライターの仕事をはじめて、これっておかしいんじゃない?と、思うことが本当によくあります。

 

でも、これは私が出版社とか編集プロダクション出身じゃないからこそ、でてくる疑問じゃないのかな?と思うのです。

 

ということは、みんなも思っているんじゃないの?と、勝手に思い記事にしてみました。あなたはどう思いますか?

 

   

 

◆ なぜ原稿料が明記されていないの?

 

美容ライターの原稿料ってなぜ最初に教えてくれないんだろう??と、よく思います。

 

今はいろんな女性向けのwebサイトがたくさんあって、ライターの募集もよりどりみどりのようですが、募集ページにはまず原稿料の記載がありません。

 

でも、サイトによってははっきりと提示してくれているところもあるので、それぞれの考え方の違いでしょうね。

 

もちろん、ライターのキャリアなどで原稿料が違う場合もあり、明確には書けないこともあるのは理解できるのですが、せめて応募した後の最初のメールで、教えてくれたっていいと思うんですよ。

 

普通のアルバイトとか就職だって、お給料もわからずに応募なんてしないでしょう!

ちゃんと条件とかいろんなことがはっきりしているから、そこに履歴書を送るのが普通です。

 

でもこの外注ライターに限っては、条件が最初にわからないのです。ライターの仕事だけではなく、他のフリーランスだって、こういうことあるのでしょうか?

 

その辺りはよくわかりませんが、なんだか条件がわからないままに応募することが当たり前になっているのは、本当は変だと私は思うんです。

 

◆ せめて応募した後にははっきり教えて欲しい

 

なかには、応募した後に詳しく条件を教えてくれるところもあり、その場合は「サンプル記事はこの価格、本採用になった場合はこういう金額ですが、どうしますか?」という感じです。

 

そして金額などに納得できてから、サンプル記事を提出するならまだわかるのですが・・・なかには「サンプル記事をまず提出してから、詳しい条件をお伝えします。」というところもとても多いのです。

 

しかしですよ、原稿料が明確にわかっていればやる気も起きますが、いくらもらえるかもわからないのに、時間をさいてまではなかなか書けません。

 

ただでさえ原稿料がピンからキリまで違うということがわかっているので、本当に足元を見られちゃってるんだなぁ〜って感じます。

 

◆ 私が受けている仕事の原稿料

 

私の場合ですが、最近のお仕事では、1文字10円くらいの記事も時々書きます。10円×1000文字だったら、1記事10000円です。1500文字なら15000円になります。

 

連載している記事では、1文字3円から7円くらいでしょうか?ただし、いずれも1文字いくらでの契約ではなく、1記事○○○文字〜○○○○文字程度でいくらとか、1記事○○○○文字以上でいくらとか、そういう風に決まっているところがほとんどです。

 

ただし、情報サイトのコラムだけではなく、HP用のコラムや記事の監修などといった仕事もあります。

 

多分webライターとしては高いほうかもしれませんが、そうなるようにいつも努力しているからです。ちなみに私は美容系の専門性を売りにしているので、かなり自分で強気に売り込みをします。しかし、まだ高くもらってもいいんじゃないの?って思う場合もたくさんありますよ。(あまり大きな声では言えませんけどね・・・)

 

◆ 最低賃金を下回っているのでは??

 

でもクラウドソーシングや未経験可という募集では、1文字0,3円とかがほとんどで、1円もすれば高額案件となっています。

 

ひどいところは、その金額でも「業界最高額なのでクオリティ重視です」とかいって細かくレギュレーションが決まっていたりするし、おそらく何度も修正戻しをしてくるんだろうな〜と想像できます。

 

いつもそういう募集を見るたびに、全然高額案件じゃないのにな〜と思ってしまうのです。未経験とか初心者なんだからと足元をみられちゃいけませんよ〜!とつい心で叫んでしまいます。

 

ちなみに2016年度の最低賃金は、東京で906円(最高)沖縄などで693円(最低)となっているようですが、ライターの仕事って絶対にこれを下回っていることがたくさんあると思います。

 

www.mhlw.go.jp

 

確かに、なかなかわかりにくい仕事なので、やむを得ない部分もあるかもしれませんが・・・。

 

◆ 専門性を持って仕事をした方が良い理由

 

話しを本題に戻しますが、webサイトのライター募集でなぜ金額の提示がないのか?っていうことは、もしかしたら、その人を見て金額を決めている部分もかなりの確率であるのかなぁ・・・と、思うのです。

 

だから、ライターとして仕事をしていくのなら、何かの専門性を絶対に持った方がいいと思います。文章力は勉強すればついてきますので、あなたの経験を生かした専門性を売りにして、自分をどんどん売り込みましょう。

 

そういう売りがあると、たとえ最初は低い原稿料でも「クオリティをみてアップしてください!」って堂々と言えるようになりますよ。

 

でも自分で最低ラインの金額は、決めておいた方がいいですけどね・・・。

 

私も応募した後に、原稿料を聞いてから「原稿料が合わない」「思った以上に低すぎるので」と、はっきりと伝えてからお断りしたところもありますよ。

 

(大きな声では言えませんが、こんなに有名なサイトなのにこの金額??って思ったことあります)

 

もちろん・・・マナーを守ってていねいに断りしますけど・・・。

 

このお断りって結構気を使うので、今度コツなどをお伝えします。

 

でも、できれば原稿料がわからないサンプル記事は書きたくないし、先につながらないような余計な仕事はしたくはないので、仕事選びはくれぐれも慎重にしましょうね!!

 

美容ライター Rでした

 

 〜おすすめの記事〜

writer-r.hatenablog.com

 

 スポンサーリンク